渡邊酒造場へ

先日、渡邊酒造場へ伺いました。

焼酎造りに対しての思いを改めて聞くことができました。

その場の環境(空気や土、水)が影響し、焼酎ができていることを痛感させられる1日でした。

冷却は極力行わず、自然の温度で発酵させ、芋も自社の畑で育った芋を使い、渡邊酒造場、渡邊酒造場の場所でしか造れない焼酎をつくっています。

 

 

その土地の空気を、感じさせることができるものこそ、地酒だと考えさせられました。

 

渡邊酒造から、9月に発売される焼酎「朗らかに潤す」は渡邊さんの思いがつまった焼酎になっています。

是非、宮崎県田野町の空気を味わってください。