都城の新しい所、発見

昨日は、1月最後の日曜日。都城でも有名な「珈琲館」に行き、昼の食事をしました。相変わらず、賑わいのお店です。帰る時には行列ができていました。食事が終わり、霧島神宮の横の税所神社(知っている人しか知らない神社です。年に一回、全国から税所姓の人が集まります)に参拝に行こうかと思っていたのですが、途中で、「ふれあいの丘・牧神馬場」と云う看板に出会い、行ってみました。山を、切り開いた場所です。昨年の9月にNPO法人の認可が降りたばかりの所です。ウサギ・馬・ポニー・ねこ・犬など、癒し系の場所みたいなところです。馬も直接触る事が出来ます。入場料は無料でした。神社には行かず、ここでゆっくりとし、帰りは都城初代島津資忠(しまづすけただ)が入場したという「薩摩迫」に行きました。過去、何度見に来た事でしょう。自分には楽しいのですが、家内がつまらなそうなので、早々の帰宅となりました。